画像

OB会-会則

東京農業大学庭球部OB会「常磐松テニス倶楽部」会則

(名称)
第1条 本会は、東京農業大学庭球部OB会「常磐松テニス倶楽部」と称する。

(目的)
第2条 本会は、会員相互の親睦を図り、東京農業大学農友会硬式庭球部(以下庭球部)と密接なる連絡を保ち、その発展に寄与する事を目的とする。

(事務局)
第3条 本会は、本会は、事務所を幹事長自宅内におく。

(会議)
第4条  本会会員は、次の三種とする。
   (1)正会員 東京農業大学(以下農大)在学中に庭球部員であったもの。
   (2)特別会員 本会の趣旨に賛同される農大出身者であって、総会で承認したもの。
   (3)賛助会員 本会の趣旨に賛同される者で総会にて承認したもの。

(活動)
第5条 本会は、次の活動を行う。
   (1)庭球部への協力、援助。
   (2)会員の動静に関すること。
   (3)機関紙(躍進)の発行。
   (4)親睦会テニス会等の開催。
   (5)その他本会の発展に必要な活動。

(役員、代議員)
第6条 本会に次の役員をおく。
   ・会長 1名
   ・副会長 若干名
   ・幹事長 1名
   ・副幹事長 1名
   ・幹事 若干名
   ・会計 1名
   ・会計監査 若干名

第7条 本会に顧問、参与をおく事が出来る。顧問、参与は役員会で推薦し、総会で承認し、会長が委嘱する。

第8条 各年次に代議員をおく。(昭和45年卒業以降)

(役員、代議員の選出、任期)
第9条 役員の選出は総会で行う。
2. 代議員の選出は各学年毎の推薦による。
3. 代議員の任期は2年とし、再任を妨げない。(西暦偶数年に改選)
4. 役員、代議員に欠員を生じたときは補充する。そのときの任期は前任者の任期とする。

(役員、代議員の任務)
第10条 役員の任務は次の通りとする。
   (1)会長は本会を代表し、会務を統轄する。
   (2)副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは、その職務を代行する。
   (3)幹事長は会長の命を受け、会務を行う。
   (4)副幹事長は幹事長を補佐する。
   (5)幹事は会務の運営にあたる。
   (6)会計は会計を処理する。
   (7)会計監査は会計を監査する。
   (8)代議員は各年次を代表する。

(会議)
第11条 会議は次に掲げるものとする。
   (1)総会(正会員、特別会員)
   (2)役員会(会長、副会長、幹事長、副幹事長、幹事、会計、会計監査)
   (3)幹事会(幹事長、副幹事長、幹事、会計)
   (4)代議員会(代議員)

(総会)
第12条  総会は年1回行い、原則として4月中に開催する。 臨時総会は会長が必要と認めた時、開催する。 総会及び臨時総会の議決は、出席会員の過半数の賛同を必要とする。
2. 総会終了後、速やかにその結果を会員に報告しなければならない。

(議決事項)
第13条 次に掲げる事項は総会の議決をえなければならない。
   (1)活動報告並びに決算に関する事項。
   (2)活動計画並びに予算に関する事項。
   (3)会則の改廃並びに規定等の制定に関する事項。
   (4)その他重要な事項。

第14条 本会と庭球部との連絡の為、両者に若干名の連絡員をおく。本会は、幹事会がこれにあたる。 

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(入会金、会費)
第16条  正会員及び特別会員は、会費5,000円とし、9月末までに納入するものとする。
2.現役部員支援目的として「現役部員強化募金」の寄付依頼を行う。賛同者は一口5,000円を一口以上毎年9月末までに寄付するものとする

(経費)
第17条 本会の経費は、年会費、入会金、参加費、寄付金その他の収入を以ってこれにあてる。


附則
改則 この会の会則は、昭和37年8月17日から施行する。
この会の会則は、昭和40年5月9日から施行する。
この会の会則は、昭和56年5月31日から施行する。
この会の会則は、平成14年4月21日から施行する。
この会の会則は、平成15年4月20日から施行する。
この会の会則は、平成16年4月18日から施行する。
この会の会則は、平成17年4月17日から施行する。
この会の会則は、平成18年4月16日から施行する。
この会の会則は、平成19年4月14日から施行する。
この会の会則は、平成22年4月11日から施行する。
この会の会則は、平成26年4月13日から施行する。

 

Designed by CSS.Design Sample